Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シワができるのはなぜなの?シワができるメカニズム!

images

はじめに

“シワ”のない、つるつる陶器のような美肌に憧れてしまいます。

それなのに増えたり、気がつくと濃くなってきたりして、気になってしまいますよね?

気になる“シワ”は、「表情ジワ」と「乾燥ジワ」の2タイプに分けられます。

あなたの“シワ”はどちらのタイプでしょうか?

一言で“シワ”と言っても、なぜできてしまうのか、メカニズムも対処法にも違いがあるのです!

そんな気になる“シワ”のメカニズムに迫りたいと思います◎

“シワ”のメカニズム

■:表情ジワ

images
“表情ジワ”とは、目尻や眉間、額、口元(ほうれい線)などにできる“シワ”のことをいいます。
若い頃は表情を作った時にだけ“シワ”ができるのに対し、年齢を重ねるにつれて表情を作った時だけでなく、無表情の時にも“シワ”が残るようになってしまいます。
これが“表情ジワ”です!

“表情ジワ”の「原因」

●毎日の生活で繰り返している表情のクセが主な原因とされており、また眉間に“シワ”を寄せる理由にストレスも挙げられることから、ストレスも原因のひとつとされています。
●また、年齢を重ねるにつれて伴うお肌におけるコラーゲンなどの減少も原因のようです。

“表情ジワ”の「対処法」

●表情の癖を極力なすことを心がけ、同じ表情をキープするのはやめましょう。
●顔の筋肉をしっかり動かすことによって、筋肉の老化や退化を防ぐことができます◎
●コラーゲンなどのハリや弾力を作る成分が配合された化粧品でスキンケアを行うのも効果的です。

“乾燥ジワ”は「表皮性」と「真皮性」の2つのタイプに分けられます。

■:表皮性のシワ

images
表皮性の“シワ”とは新陳代謝の低下と角質層の水分量が減少することで出来るの“表面のシワ”のことです。
浅くて細かい“シワ”ということで、“ちりめんジワ”とも呼ばれ、年齢を重ねるにつれて、目の下や目尻などにできるのが特徴です。
一つ一つは細かく小さい“表皮性のシワ”ですが、数が増えて“シワ”同士が重なると、太く大きくなり目立ってきます。

“表皮性のシワ”の「原因」と「対処法」◎

●お肌の代謝や保水力の低下 、お肌の乾燥や紫外線によるお肌へのダメージが原因とされています。
●しっかりと保湿し、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合された基礎化粧品でスキンケアを行うのが効果的です◎

■:真皮性のシワ

images
真皮性のシワとは真皮の中でハリを保つためのコラーゲンや、うるおいを保つための成分が減少し、弾力が失われることで出来る“深いシワ”のことです。
紫外線が主な原因だと考えれています。“シワ”の深さが真皮に達することから「真皮性」といわれます。
年齢を重ねるにつれて、目尻や額などにできるのが特徴です。

“真皮性のシワ”の「原因」と「対処法」◎

●紫外線がお肌の真皮層のコラーゲンを傷つけられ破壊される事によって、お肌のハリや弾力が低下し深いシワになるとされています。
●紫外線の影響を防ぐために、1年を通して紫外線対策を行いましょう◎
●浴びてしまった紫外線には、抗酸化作用のある化粧品でスキンケアを行うのが効果的です◎

まとめ


いかがでしたか?
“シワ”が、できるその原因を理解した上で、対処すると良いでしょう。
あなたは、どのタイプの“シワ”なのかチェックして、あなたに合った対処法で効果的に! “シワ対策”始めましょう◎