Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私たちは、寝ている間に美しくなっています

images

寝ている間は美しくなれるチャンスです。
睡眠を制するものは美肌を制すると言っても過言ではありません。

なぜなら、寝ている間に「美肌ホルモン」が出ているからです。

毎日疲れていて、メイクも落とさずに寝てしまったりしていませんか?
時間が経過した化粧品は、もはや汚れに変わってしまいます。

せっかく、「美肌ホルモン」が出ている睡眠時間なのに、良い状態で眠らなければ勿体ありません。

images

ターンオーバーは「美肌ホルモン」が出ている、眠っている間に行われます。
お肌のキメを整えたり、シミやくすみなどのお肌のトラブルの改善や、美肌作りにも、正常なターンオーバーが役立ってくれていますから、とても重要です。

眠りが浅く、熟睡できてなかったり、睡眠時間が足りなかったりすると、お肌の調子が悪くなるのは「美肌ホルモン」が上手く働いていないからです。

毎日の睡眠で、「美肌ホルモン」を味方につけたいと思いませんか?
では、「美肌ホルモン」を味方につけるような睡眠とは一体どんな睡眠なのでしょうか?

images

■:しっかり保湿する

睡眠中は、「美肌ホルモン」によって、新陳代謝が活発になります。
あなたのお肌に必要な栄養を与えることによって、お肌は睡眠中に、その有効成分をグングン吸収してくれます。
しっかりとお肌を保湿してあげる事が重要となります。

■:お肌を清潔にする

睡眠中は、「美肌ホルモン」によって、新陳代謝が活発になるため、メイクを落とさずに眠ってしまった場合など、お肌に残った汚れをも吸収して、かえって肌荒れの原因となってしまいます。
お肌が清潔でなければ、美肌からは遠ざかり、悪循環となってしまいますので、清潔を保ちましょう。

■:ホットミルクがオススメです

眠る前に食事をしてしまうと、胃腸に食べ物が残った状態となり、せっかくの「美肌ホルモン」が美肌に働きかける力が弱くなってしまいます。
眠る前の、お酒やコーヒー、タバコなどの刺激物は、安眠を妨げてしまいますから、オススメできません。
眠る前3時間は、何も食べないことが良いのですが、小腹が空いてしまったときは、安眠を助けるトリプトファンが含まれている、ホットミルクを飲むと良いでしょう。

■:瞳を休ませてあげましょう

眠る直前まで、パソコンやケータイ、SNSなどを見ている方も多いのではないでしょうか?
パソコンやケータイから出るブルーライトは、瞳に与える刺激が強く、安眠を妨げてしまいます。お部屋の明るい照明も、眠る前には刺激が強すぎます。
眠る前は、できるだけパソコンやケータイは見ないようにし、照明も少し暗めにして、安眠に備えて瞳をリラックスさせてあげてください。
質の良い睡眠が「美肌ホルモン」を分泌させてくれます。

images

■:眠る前はリラックス

質の良い睡眠を得たいなら、リラックスしている事が重要です。
湯船にゆっくり浸かって、内臓を温めるとリラックス効果で安眠に繋がるのでオススメです。眠る前に悩みごとを抱えていたりしても良くありません。
リラックスできる音楽を聴いたり、アロマを楽しんだりしても良いでしょう。