Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

口呼吸はブスになる?!

images

口呼吸のあなた!今すぐやめないとブスになってしまいます(笑)

無意識の間に、口がポカーン!と開いてしまっている方は、注意が必要です。

口呼吸をしているときの、口の周りの筋肉は、脱力している状態です。
口周りの筋肉は、お顔全体の筋肉と繋がっていますので、口呼吸を続けることによって、口周りがだらしなくたるんでしまいます。

口をキュッと閉めて、鼻呼吸に変えてみましょう。

口呼吸をやめて鼻呼吸をしましょう

images
口を閉じて鼻呼吸にすると、口周りの脱力は回避され、口周りに適度な緊張感が生まれるので、口呼吸による「たるみ」は、解消されていきます。

元々口は、食べ物の栄養を取り込むためのもので、呼吸するためのものじゃありません。

口を閉じていることによって、口の中が唾液で満たされ、お口の免疫を保っています。

ですから、口呼吸をしてしまうと、口から雑菌が入ってきて、口臭の原因にもなります。

まとめ

images

口呼吸に慣れてしまうと、口呼吸の方が、鼻呼吸よりもたくさんの空気が取り込めますから、クセになりがちですが、口呼吸を続けていると、顔もたるみ、免疫も低下し、口臭も臭く匂ってしまいます。

今すぐ、鼻呼吸に変えるだけで、表情筋に程よい緊張が加わり、口から入ってくる黴菌の進入も防ぐ事ができるので、口臭などのお口のトラブルも防ぐ事ができます。

そうと分かれば、今すぐ口呼吸をやめて鼻呼吸に切り替えましょう。